「利他主義」の建築と地域づくりをめざして

 この度は、『DABURA.m WEB』へアクセス頂きありがとうございます。
弊社は「建築設計」、「空間再生」、「地域デザイン」に取り組む企業です。
本サイトではこれまでにご依頼頂き実現してきた建築物、再生してきた空間、取り組んできた社会的プロジェクトなどもご紹介致しております。ご笑覧いただき、構想を巡らせて頂ければ幸いです。

 私が建築の道を志したのは、高校2年生の時でした。それまではスペースシャトルの設計者に成りたいと考えておりましたが、高校2年生の時に「あと60年で石油が枯渇するかもしれない」とする資料を目にしました。その時、宇宙開発よりも「地球の事」に取り組みたいと考え、ファッションや音楽が好きでもあった私は、環境問題や社会の課題に「創造の楽しさを伴う具体的な回答」を示すことができる仕事として建築の道を志し、大学での修習と設計者修行を経て創業し、現在に至ります。
実際には石油は60年で枯渇することは無さそうですが、世界ではグローバリゼーションの進展と共に、気候変動の問題を始め様々な課題が顕在化し、私達の暮らしと未来に多大な影響を及ぼしています。「地球の事」は益々重要な課題になっていると感じています。

 現在、COVID19が世界を覆う真っ最中であり、弊社でも大きな影響を受けていますが、この出来事を、現在私達が生きる文明と社会の在り方を再考するターニングポイントとして受け止めていきたいと思います。
これまでも弊社で取り組むプロジェクトでは共通して「利他性」を重視して来ましたが、今一度初発心に立ち返り、「利他主義」から生まれる文化としての建築と地域づくりをめざして参りたいと存じます。創造と交流の楽しさを伴うやわらかい存在としての建築や地域の空間を、クライアントや協働者の皆様と共に生み出してゆきたいと思います。

DABURA.m株式会社 
代表取締役 光浦高史

PHILOSOPHY

DABURA.m 株式会社の活動と創作の中心には、下記の【PHILOSOPHY】があります。

「利他主義」から生まれる文化としての建築、空間、地域を創造し、
持続可能性の高い文明への転換に寄与する

 現代の資本主義社会は、個人も企業も自己の利益の最大化を追求し、それによって社会が最適化されるという前提の「利己主義(egoism)」的なパラダイムに基づく社会といえます。産業革命から20世紀にかけて、紆余曲折を経ながらこのパラダイムの元に世界は大きく変化してきました。しかし一方で、グローバリゼーションが極度に進む情報革命以降の現代では、最適化と言えるようなバランスは崩れ、気候変動や極端な経済格差など人類史的に重要な課題が山積するに至っています。建築や都市は社会の在り方が物質化されたものと言えますが、「利己主義」的なパラダイムに基づく社会と連動して作られてきた建築や都市も、地球規模の課題に直接的、間接的に関わってきており、大きな曲がり角に差し掛かっています。
 フランスの論客ジャック・アタリ氏は「利他主義(altruism)」の重要性を説きます。他者を利する行動が巡って結局自己を利し、それが連鎖して全体が利せられるという考え方です。私たちは「利他主義」的なパラダイムに基づく社会づくりと、そのための建築や空間づくりが必要だと感じます。それが生まれることで他者を利するような建築や空間づくりと、それにより形作られる地域づくりを目指します。
 現代の文明を可能にしている要素として、莫大な量の化石燃料があり、大量の再生不可能廃棄物の発生を許容する人々の意識と社会があります。ある程度までは化石燃料の使用も廃棄物の処理も、地球は許容できていたのかもしれません。しかし、今日はその限界を超えてしまったと言えます。21世紀前半は、この状況を転換してゆかなくてはならない時代です。あらゆる分野からこの課題に取り組む必要があります。そのためには教条を掲げ押し付けるだけではうまくいかないでしょう。人の意識や行動を変えて文明を転換してゆくためには、文化の力が必要だと思います。新たな文化を生み出し、日々の活動や暮らしの中に楽しさを伴って受容されていく必要があります。人々の活動や暮らしのフィジカルな拠り所となる建築や地域の実空間は、その為の重要な要素になります。他分野の方々と連携しながら、創造と交流の楽しさを伴うやわらかい存在としての建築や地域の空間づくりを通じて、新しい文化を生み出し、文明の転換に寄与して行きたいと思います。

FUNDAMENTAL DESIGN STRATEGY

DABURA.m株式会社では【PHILOSOPHY】を具体化してゆくため、
4つの【FUNDAMENTAL DESIGN STRATEGY】を共有し、創作の指針としています。

1.現代社会との関わりから、建築の新たな「姿」と建築や都市に関する文化を生み出す
2.場所や地域の固有性の"生成”を創造する
3.近現代建築物の”ストック化”を推進し、再生利用の文化をつくる
4.建築を「ロジスティクス」の視点で捉え、ローカルな「流れ」の中に位置付ける

1. 現代社会との関わりから、建築の新たな「姿」と建築や都市に関する文化を生み出す

 私たちは、変化し続ける現代社会を様々な角度から注意深く観察し、ポジティブに受け入れながら、その中に新たな創造のきっかけを発見し、この時代だからこそ初めてこの世に現れ得る建築や空間の「姿」を生み出したいと考えています。(ここで言う「姿」とは、モノの姿形だけでなく、あるモノを取り巻く環境、関係性、相互作用を含めたそのモノの在り方全体を示します。)いま現在を生きることを本質的に面白がり、それを建築や空間の「姿」のデザインにつなげていくこと、その楽しさをクライアントや関わる全ての人たちと共有していくことを大切にしたいと考えています。一過性の姿形のデザインではなく、長い時間その場所にあり続ける存在として、歴史や世界とのつながりを持ち、時と場所を超えた共感を呼ぶような、意外性と普遍性を兼ね備えた建築の新たな「姿」を創造し、建築と都市に関する文化を生み出してゆきたいと思います。

2. 場所や地域の固有性の"生成”を創造する

 現代はグローバリゼーションの時代。それは私達の暮らしの利便性を益々高め、同時に多くの課題も生み出しています。その課題の一つに「均質化」があります。「均質化」が進むと、人は同じようなものを買い、同じようなものを食べ、同じような音楽を聞き、同じようなものを着ることになります。そして、まちは特徴の無い同じような風景に変貌してゆきます。人が生きる環境はその人の存在を構成する重要な要素であり、環境や空間が均質化すると、人も均質化されていきます。そうなると「私(私達)は唯一の存在である」という感覚を喪失してしまうのではないかと感じています。不安な人が増え、鬱や自殺が増えることと「均質化」は無縁だとは思えません。今日の大きな流れには抗いようがありませんが、その過程に新たな「固有性」が生まれるきっかけを仕込んで行けないだろかと考えています。僅かに残る、または嘗て有った「固有性」から何かを受け継ぎつつ、「未知の懐かしさ」を創出したい。姿形を与える事で完結するのではなく、新たな「固有性」が生まれるきっかけを具体的な場所に仕掛けて、新たな「固有性」が"生成”されていくようなデザインができないだろうかと考えています。

3. 近現代建築物の”ストック化”を推進し、再生利用の文化をつくる

 多くの日本の近現代建築物は、一定の期間使用されると、「スクラップアンドビルド」によって使い捨てられてきました。その期間は多くのケースで30年~60年です。かつては木造の民家でさえ世代を超えて受け継がれていましたが、なぜこのようになってしまったのか。急激な人口増加と社会の変化が続いたので仕方無かったのかもしれませんが、私達はこれまでのやり方を見返る時期に来ています。人口減少に転じて余剰してゆく近現代建築物の空間を”ストック化”することで、廃棄物を大幅に減らし、新たな構造物を構築する資材やエネルギーを節約できます。新たなテクノロジーを用いて再生することで、ランニング時のエネルギー消費も抑えることもできます。建築法規、耐震性の確保、設備配管類の更新など、古い建築物を扱うには難しいポイントが多くありますが、私達にはその難しさを乗り越えるための経験や技術力があります。それらを活用し、近現代建築物の再生利用の文化を社会に定着させていきたいと思います。

4. 建築を「ロジスティクス」の視点で捉え、ローカルな「流れ」の中に位置付ける

 ひとつの建築が誕生するとき、それを構成する物質は様々な場所から運ばれてきます。それらの全ては元々地球の一部で、自然の中から原料が採取され、人の手により加工され、素材となり、建材となり、敷地に運ばれて建築の中に組み込まれます。そして長い年月その場所に留まり建築の一部として役を果たした後、また地球上のどこかへ運ばれて姿を変えてゆきます。この一連の物質の流れを、広い意味での建築の「ロジスティクス(物流)」と捉えたいと思います。その視点から考えると、建築設計とは、ある敷地に固定された物質のまとまりの在り方だけではなく、それらがどこからどのようにやってきて、解れた後にどうなるのか、その流れのプロセス全体をデザインする事であると言え、それが私たちにとっての建築設計です。原料採取、加工、運搬、廃棄、再生、すべてのプロセスで倫理性や持続可能性を注視して設計していきたいと思います。特に私たちが設計する建築は、できるだけローカルで成立するプロセスをデザインして、地域との深いつながりをもった存在にしていきたいと思います。

会社概要

名称 DABURA.m 株式会社(ダブラエムカブシキガイシャ)
(一級建築士事務所 大分県知事登録)
代表取締役 光浦高史
(一級建築士・開設者及び管理建築士)
所在地 〒874-0942 大分県別府市千代町5番1号
電話番号 TEL 0977-76-8744  FAX 0977-76-8761
名称の由来 DABURA.m(ダブラエム)とは、Design for Architectural and Biological Urbanization Research Associates Mitsuura Studioを表し、「建築学的、生物学的都市生成のための設計研究組織 ミツウラスタジオ」ということになります。
「建築学的、生物学的都市生成」をテーマに、様々なタイプの建築設計、空間再生、地域デザインに取り組んでいます。

代表者略歴

1977年3月 神奈川県川崎市に生まれる
2000年3月 早稲田大学理工学部建築学科を卒業
2007年4月 青木茂建築工房に所属。その間「佐伯市蒲江 海の資料館」をはじめとする再生建築、個人住宅、宿泊施設、公共施設、地域再生デザインなどを担当。
青木茂氏の著作や学術研究にも携わる。
2009年1月 光浦高史建築設計事務所を設立
池浦順一郎とDABURAを設立、共同主宰
2013年4月〜 日本文理大学工学部建築学科非常勤講師
2014年1月 DABURA.mに改組 代表となる
2014年4月〜 大分大学工学部福祉環境工学科建築コース(現理工学部創生工学科建築学コース)非常勤講師
2015年7月 DABURA.m 株式会社に改組 代表取締役となる

賞歴

2010年 第25回 豊の国木造建築賞 優秀賞
ART PLAZA U-40建築家展 来場者投票第1位
2015年 グッドデザイン賞受賞(STREET RENOVATOR)
グッドデザイン賞受賞(竹細工セレクトショップbamboo bamboo)
グッドデザイン賞受賞(滝山団地Y邸リノベーション)
2016年 九州建築選2016 佳作作品(別府温泉テラス御堂原)
2018年 九州建築選2018 奨励作品(大分銀行赤レンガ館リノベーション)

実績紹介

2020年 ・GALLERIA MIDOBARU(大分県別府市)
・カドウ建築の宴 in 0PAM(大分県大分市)
・火鍋にしだ空間再生(大分県別府市)
・ulbee空間再生(大分県大分市)
2019年 ・カドウ建築の宴in別府公園(大分県別府市)
・歯科医院丸尾崎(大分県別府市)
・別府M邸空間再生(大分県別府市)
・湯布院 山並の家(大分県由布市)
・湯布院 田園の家(大分県由布市)
2018年 ・やまよし空間再生(大分県別府市)
・アニッシュ・カプーアin BEPPU モバイルインフォメーションセンター(大分県別府市)
・東大道H邸(大分県大分市)
・竹田アート茶会茶室(大分県竹田市)
・貸原四畳半(大分県別府市)
・Sハンバーガーショップ空間再生(大分県大分市)
・福﨑歯科(大分県大分市)
・大分銀行赤レンガ館空間再生(大分県大分市)
・セイノ歯科空間再生(大分県別府市)
・Oita Made別府店空間再生(大分県別府市)
2017年 ・呑み屋横丁(宮崎県宮崎市)
・若竹ビル空間再生(大分県大分市)
・Ke Ha I(大分県大分市)
・大分市美術館CIAO!展 「モクカイ」出展(大分県大分市)
・上毛町大池公園水辺のゲストハウス基本設計(福岡県上毛町)
2016年 ・OITA CREATIVE WEEK(大分県大分市)
・スミヒラク(大分県大分市)
・イジゲンオフィス(大分県大分市)
・WALL DEN(大分県大分市)
・HOTEL910空間再生(大分県大分市)
・立命館アジア太平洋大学1Fスチューデントホール空間再生(大分県別府市)
2015年 ・旅館 テラス御堂原(大分県別府市)
・STOVEHOUSE(大分県大分市)
・永興I邸(大分県大分市)
・とも歯科クリニック増築(大分県大分市)
・竹細工セレクトショップbamboo bamboo空間再生(大分県別府市)
2014年 ・立命館アジア太平洋大学4Fゲストホール空間再生(大分県別府市)
・畑中M邸(大分県大分市)
・豊後牛鉄板焼店 TEKKAN空間再生(ミャンマー国ヤンゴン市)
・滝山団地Y邸空間再生(東京都東久留米市)
・nicoドーナッツ湯布院本店空間再生(大分県由布市)
2013年 ・税理士法人シーウエイブオフィス(大分県大分市)
・マチカドのイエ空間再生(大分県大分市)
・おおいたの縁側カフェ空間再生(大分県大分市)
・久住I邸空間再生(大分県竹田市)
・鹿児島M邸マンション空間再生(鹿児島県鹿児島市)
・関園K邸増築(大分県大分市)
・H庭園空間再生(兵庫県宝塚市)
・M計画(福岡県北九州市)
2012年 ・自邸マンション空間再生(大分県大分市)
・トランジットモールからはじまる、まちなかにぎわいプラン(大分県大分市)
・下各念時墓地計画(大分県大分市)
・ケンチクひろば展 会場デザイン(大分県別府市)
2011年 ・黒髪石材黒髪島宿舎(山口県周南市)
・I邸(大分県大分市)
・TAKAKURA/nicoドーナツ本店空間再生(大分県由布市)
・nicoドーナツ大分府内店空間再生(大分県大分市)
・BEPPU PROJECTオフィス空間再生(大分県別府市)
・馬場歯科空間再生(大分県別府市)
・S歯科空間再生(大分県大分市)
・シェアハウスプロローグ空間再生(大分県大分市)
・ARTPLAZA U-40建築家展 会場デザイン(大分県大分市)
・佐伯宝来家空間再生計画(大分県佐伯市)
2010年 ・ココロアニマルクリニック+I邸(大分県佐伯市)
・黒田歯科クリニック空間再生福岡県北九州市)
・O工場新築計画<計画案>(大分県大分市)
・wakako ceramics展示会「はなすうつわ」会場デザイン(大分県大分市)
2009年 ・T邸増築(大分県大分市)
・ギャラリーblueballen空間再生(大分県由布市)
・TANOURA PROJECT(採石場跡地再生計画)(福岡県北九州市)
・KU-SHI(プロダクトデザイン)(CMセット用什器)(大分県大分市)
・to-ko(坂道の鋪装の改修)(福岡県北九州市)

尋ねる

なんでもお気軽にお尋ねください。
就職やインターンシップに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

チェックを入れてください