TEKKAN

TEPPANYAKI RESTAURANT -RENOVATION-

TEKKAN

異国の地で、大分の雰囲気と味覚を伝える空間づくり

ミャンマー国ヤンゴン市の豊後牛の高級鉄板焼レストラン。大分県の複数の経営者の出資によるもので、大分県の豊かな魅力の食材を広めるお店をつくりたいと言うことで依頼を頂いた。大分県の温泉旅館文化の雰囲気と現代性を備えた高級店にふさわしい質の高い空間をつくるよう要望された。現地で手に入る素材をうまく活かしながら、和の雰囲気を感じつつ現代的な空間になるように仕上げた。

建物概要--------------------------------------------------
主用途/鉄板焼レストラン
構造・規模/鉄筋コンクリート造3階建
延床面積/202.18m2(61.16坪)
施工/LIMPO.CO.,LTD.









  1. 大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    • リノベーション
    大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    赤レンガ館リニューアルオープン!!

    続きを読
  2. 貸はらっぱ

    • リノベーション
    • まち活
    • オススメ
    貸はらっぱ

    DABURA.mは「貸はらっぱ」を始めます

    続きを読
  3. Ke Ha I

    • 新築
    Ke Ha I

    別府は昔からの町並みや下町らしい風情が残っている。
    そんなまちと「気配」でつながれるような住宅を考えた。
    外皮のまちへの接触面となる面を掻き取ることによって開口部を形成し、残った外皮は出が入り組んだように互い違いにすることで、光の入り方や外部との関係が均一にならないように設計した。この出入りのある外皮の間から、暮らしの中で生じる音、光、影などの内部の「気配」が外部に漏れ出す。子供達のあそびや近所のはなし声など、まちの音が内部に入ってくる。内から外の「気配」も感じることができる。外皮はまちからの直接的な視線は遮るが、開口部は上部へ十分に開放されていて、天候など空の「気配」を感じることができる。
    内部は、ハイサイド窓から光が落ちる光井を中心にスキップフロアで空間が連なっており、場所を床レベル差でゆるやかに分割している。内部にいる家族同士は、光井や連続した空間を介してお互いの「気配」を感じながら、一体感を感じて過ごすことができる。

    続きを読
  4. CREATIVE PLATFORM OITA報告会

    • リノベーション
    • メディア
    CREATIVE PLATFORM OITA報告会

    3/2.3.4に開催された「CREATIVE PLATFORM OITA 報告会」に参加致しました。

    続きを読
  5. WALL DEN〜壁の巣窟〜

    • 新築
    HOUSE
    WALL DEN〜壁の巣窟〜

    続きを読
  6. 2015年 グッドデザイン賞を3作品同時受賞!

    • リノベーション
    • 新築
    • ブログ
    2015年 グッドデザイン賞を3作品同時受賞!

    当事務所で手がけた3つの作品が2015年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

    続きを読

最新記事

  1. 大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    • リノベーション
    大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    赤レンガ館リニューアルオープン!!

    続きを読
  2. 貸はらっぱ

    • リノベーション
    • まち活
    • オススメ
    貸はらっぱ

    DABURA.mは「貸はらっぱ」を始めます

    続きを読
  3. Ke Ha I

    • 新築
    Ke Ha I

    別府は昔からの町並みや下町らしい風情が残っている。
    そんなまちと「気配」でつながれるような住宅を考えた。
    外皮のまちへの接触面となる面を掻き取ることによって開口部を形成し、残った外皮は出が入り組んだように互い違いにすることで、光の入り方や外部との関係が均一にならないように設計した。この出入りのある外皮の間から、暮らしの中で生じる音、光、影などの内部の「気配」が外部に漏れ出す。子供達のあそびや近所のはなし声など、まちの音が内部に入ってくる。内から外の「気配」も感じることができる。外皮はまちからの直接的な視線は遮るが、開口部は上部へ十分に開放されていて、天候など空の「気配」を感じることができる。
    内部は、ハイサイド窓から光が落ちる光井を中心にスキップフロアで空間が連なっており、場所を床レベル差でゆるやかに分割している。内部にいる家族同士は、光井や連続した空間を介してお互いの「気配」を感じながら、一体感を感じて過ごすことができる。

    続きを読