2015年 グッドデザイン賞を3作品同時受賞!

当事務所で手がけた3つの作品が2015年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

2015年 グッドデザイン賞を3作品同時受賞!

当事務所が設計・監理を行った建築・リノベーション作品の3点が、この度「2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」を同時受賞しましたのでお知らせ致します。

グッドデザイン賞とは、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞となっています。当事務所では、この受賞を契機に建築デザインの魅力を広め、さらにはデザインや建築に関する文化の向上に寄与できるように務めてまいります。

 

<受賞作品1>
STREET RENOVATOR」(大分県大分市東春日町)
〜 まちに緑と奥行きを与える建築 〜
建築は社会的な存在である。建築が建つことでストリートに緑や奥行きを生み出し、公の空間から私の空間まで段階的にゆるやかにつながっていくような、通りに新たな空間の豊かさや密度感を生み出す、ストリートのリノベーションとして建築を考えた。


・STREET RENOVATOR(税理士法人シーウエイブ)(事務所ビル及び住宅、大分県大分市東春日町)


(施工:佐伯建設 photo:イクマサトシ)


【審査員の評価コメント】 地方都市ならではの密度感を生かして、建築計画そのものを表通りに対してポーラスにしつらえ、奥行きのある特徴 的なファサードを形成している。そのファサードは、内部へも連なり、縁側ともバルコニーとも違った内外の連続感 を生み出している点が興味深い。資料からはオフィスと住居の関連が読み取りづらかったが、このファサードが新た な職住近接や、オフィスとも住居ともいえない新しい何かの生成などに貢献していることを期待したい。


 

<受賞作品2>
bamboo bamboo」(大分県別府市中央町)
〜 空間のモードを変換する空間什器 〜
販売スペースの中に、3.5m×3.5m×0.5mの中空の正四角柱の直方体をゼロ状態として設定。この直方体のステージは不揃いのストライプ状に分割できる什器であり、空間の構成要素となっている。これにより、ゼロ状態から複雑にもシンプルにも変幻自在に空間のモードを変換することができる。


・bamboo bamboo (竹細工セレクトショップ、大分県別府市)


(施工:ハンエイ  photo:今枝あき)
【審査員の評価コメント】 限られた面積の中に、販売商品の陳列から工芸作家の作品展示までを可能とする什器のデザイン。シンプルでありな がら、使い手の創意工夫を受け止めることが出来る秀逸なデザインであると思います。 可動式の什器は、なかなかデ ザイナーが思ったように使われないことも考えられますが、このデザインは「使ってみたくなる」楽しさと鮮やかさ が感じられて、上手く利用されていくのではないかと想像します。

 

<受賞作品3>
滝山団地Y邸リノベーション」(東京都東久留米市)
〜 空間に骨格・質感・展開を与え、新たな空間を生み出す 〜
団地のような建築ストックは、その大きな潜在的価値を引き出されないままに放置、解体されていく。本設計では、継承すべき部分や団地の潜在的な魅力を読み取り、新築の集合住宅では得られない価値を具体的に示すことができた。
・滝山団地Y邸リノベーション(団地の住戸の再生、東京都東久留米市)
DABURA.m + アンプインテリアデザイン



(施工:アンプインテリアデザイン)
【審査員の評価コメント】 日本中に数多く存在する集合住宅団地の2DK。かつて 3~4 人家族向けに供給された住戸を今日の少人数世帯用にリ ノベーションすることへの需要は多い。様々な設計が可能であるが、1 室性を強調した本デザインはもとのスケルト ンの可能性を引き出す一つの方法を示している。

 

グッドデザイン賞2015年度受賞結果
  1. 大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    • リノベーション
    大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    赤レンガ館リニューアルオープン!!

    続きを読
  2. 貸はらっぱ

    • リノベーション
    • まち活
    • オススメ
    貸はらっぱ

    DABURA.mは「貸はらっぱ」を始めます

    続きを読
  3. Ke Ha I

    • 新築
    Ke Ha I

    別府は昔からの町並みや下町らしい風情が残っている。
    そんなまちと「気配」でつながれるような住宅を考えた。
    外皮のまちへの接触面となる面を掻き取ることによって開口部を形成し、残った外皮は出が入り組んだように互い違いにすることで、光の入り方や外部との関係が均一にならないように設計した。この出入りのある外皮の間から、暮らしの中で生じる音、光、影などの内部の「気配」が外部に漏れ出す。子供達のあそびや近所のはなし声など、まちの音が内部に入ってくる。内から外の「気配」も感じることができる。外皮はまちからの直接的な視線は遮るが、開口部は上部へ十分に開放されていて、天候など空の「気配」を感じることができる。
    内部は、ハイサイド窓から光が落ちる光井を中心にスキップフロアで空間が連なっており、場所を床レベル差でゆるやかに分割している。内部にいる家族同士は、光井や連続した空間を介してお互いの「気配」を感じながら、一体感を感じて過ごすことができる。

    続きを読
  4. CREATIVE PLATFORM OITA報告会

    • リノベーション
    • メディア
    CREATIVE PLATFORM OITA報告会

    3/2.3.4に開催された「CREATIVE PLATFORM OITA 報告会」に参加致しました。

    続きを読
  5. 大分市美術館「まちなかGO!」トークライブ

    • イベント
    大分市美術館「まちなかGO!」トークライブ

    続きを読
  6. 大分市美術館「まちなかGO!」〜OITA ART×GASTRONOMY〜

    • イベント
    大分市美術館「まちなかGO!」〜OITA ART×GASTRONOMY〜

    続きを読

最新記事

  1. 大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    • リノベーション
    大分銀行赤レンガ館リニューアルオープン

    赤レンガ館リニューアルオープン!!

    続きを読
  2. 貸はらっぱ

    • リノベーション
    • まち活
    • オススメ
    貸はらっぱ

    DABURA.mは「貸はらっぱ」を始めます

    続きを読
  3. Ke Ha I

    • 新築
    Ke Ha I

    別府は昔からの町並みや下町らしい風情が残っている。
    そんなまちと「気配」でつながれるような住宅を考えた。
    外皮のまちへの接触面となる面を掻き取ることによって開口部を形成し、残った外皮は出が入り組んだように互い違いにすることで、光の入り方や外部との関係が均一にならないように設計した。この出入りのある外皮の間から、暮らしの中で生じる音、光、影などの内部の「気配」が外部に漏れ出す。子供達のあそびや近所のはなし声など、まちの音が内部に入ってくる。内から外の「気配」も感じることができる。外皮はまちからの直接的な視線は遮るが、開口部は上部へ十分に開放されていて、天候など空の「気配」を感じることができる。
    内部は、ハイサイド窓から光が落ちる光井を中心にスキップフロアで空間が連なっており、場所を床レベル差でゆるやかに分割している。内部にいる家族同士は、光井や連続した空間を介してお互いの「気配」を感じながら、一体感を感じて過ごすことができる。

    続きを読