LIGHT SLAPS

HOUSE

LIGHT SLAPS

立体的に光を取り入れて、逆境をプラスに変える

南側に大きな擁壁と斜面が立上がり、南からの採光を得にくい敷地であった。そのため様々な空間構成が検討されたが、最終的に採用されたのは北側リビングの案。接道が北側なので防犯性が高い、前の竹林の借景が得られるなどの利点があった。北側の採光面での不利を解消して快適な空間にするため、「LightSlap(光の隙間)」を設けた。これは、南のハイサイドに一文字に設けられた水平連続窓で、そこから入った光は二階の全ての部屋の頭上をつきぬけて北側のリビングにまで達する。特に太陽高度の低い冬期は直射光としてリビング天井を照らすので、北側リビングが冬でも暖かい。夏は庇によって直射をカット。リビング上部には、北側に面した勾配屋根面にも「LightSlap」が設けられていて、安定した屋根からの採光を得ている。「LightSlap」は重力換気による風の通り道としても働き、夏は風通しが良く涼しい室内となる。

建物概要--------------------------------------------------
主用途/住宅
構造・規模/木造2階建
敷地面積/310.65m2(93.97坪)
建物面積/92.9 m2(28.1坪)
延床面積/143.39 m2(43.38坪)
施工/株式会社平野工務店
写真/竹内康訓(すたぢおZERO)










  1. RC造住宅

    • 新築
    RC造住宅進行中
    RC造住宅

    続きを読
  2. 歯科医院丸尾崎

    • 新築
    DENTAL CLINIC
    歯科医院丸尾崎

    歯科医院丸尾崎

    続きを読
  3. ガレリア御堂原

    • 新築
    宿泊施設(進行中)
    ガレリア御堂原

    続きを読
  4. 大分銀行赤レンガ館

    • リノベーション
    九州建築選2018奨励作品
    -RENOVATION- CREATIVE HUB
    大分銀行赤レンガ館

    大分銀行赤レンガ館リノベーションの概要
    大分銀行赤レンガ館(旧第二十三銀行本店)は辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)によって設計されたもので、「辰野建築」の中でも東京駅と同時期の大正2年に竣工された建築物である。戦時中には空襲を受け木造の内部を焼失。戦後の昭和24年(当時)にRC造によって内部を大掛かりに改築され・大分合同銀行本店として再生した。その後昭和41年に本店としての機能を新館に譲り、府内会館として利用され、昭和55年頃に一部を増築。平成5年に赤レンガ館として大幅に改修され、その後平成14年からローンプラザとして利用されてきた。平成27年4月に「ソーリン支店」にローンプラザが移転したためしばらくはATMや貸金庫等のみ利用されていた。平成30年3月20日、地域商社「Oita Made Shop 本店」、「タウトナコーヒー」、貸金庫、ATMコーナーとして新たに改修されオープンした。

    続きを読
  5. STREET RENOVATOR
    (税理士法人シーウェイブ)

    • 新築
    GOOD DESIGN AWARD2015受賞
    OFFICE+HOUSE
    STREET RENOVATOR
    (税理士法人シーウェイブ)

    ストリートに襞(ひだ)や 奥行きや緑を与えながら、建つ事でストリートを豊かにできるような「ストリート建築」を構想した

    続きを読
  6. 別府温泉 テラス御堂原

    • 新築
    九州建築選 2016 佳作作品
    HOTEL
    別府温泉 テラス御堂原

    別府の景観を一望できる、ひとつの集落のような旅館

    続きを読

最新記事

  1. ヤタイのメンテナンス

    • 現場ログ
    可動建築
    ヤタイのメンテナンス

    続きを読
  2. 2019年社員旅行

    • イベント
    • 旅ログ
    阿蘇くじゅうを巡る旅
    2019年社員旅行

    こんにちは。DABURA.m広報スタッフのいとうです。先日、阿蘇くじゅうに社員研修旅行に行ってきました。

    続きを読
  3. 鉄骨造住宅リノベーション

    • リノベーション
    • 現場ログ
    RENOVATION
    鉄骨造住宅リノベーション

    続きを読