可動茶室

可動建築

竹田アートカルチャーより、DABURA.mの建築プロダクト「KU-SHI」による「茶室」の製作を依頼された。

KU-SHIによる可動茶室

今回用いた「KU-SHI」は、竹田アートカルチャーからの特注で、大分産無垢スギ材パネルを、両側に10本の歯を持った櫛状の形に切り抜いたパーツ。泉水湧水公民館及びその隣接地にて、可動茶室組み立てワークショップを実施した。二回目の茶会はガニ湯温泉に足をつけながら楽しめる、秋の長湯温泉に訪れる人をもてなす茶会が開催された。
可動茶室組み立てワークショップの様子
パーツとなる大分産スギ材パネルを運び出し

茶室の土台を作成

上がり框の部分にも大分産スギを使用した

軽量な畳をはめ込んで完成


土台に沿うようにしてKU-SHIを組み立てていく

大人も子どもも楽しみながら、2時間程度の製作により茶室は完成


森の木漏れ日や涼を感じる贅沢な空間が出来上がった

最後は湧水の美味しい水で淹れた麦茶で麦茶会を行った


第1回 ガニ湯による竹田アート茶会

ガニ湯の不整形な形にKU-SHIを沿わせて周りを囲った

屏風のような仕切りが出来た

河原でのお茶を飲みながら足湯もできる



突発的に現れては消える変幻自在で自由なお茶会を再現できた
  1. 「可動建築」によるパブリックスペース活用

    • イベント
    • まち活
    • アート
    地域デザイン
    「可動建築」によるパブリックスペース活用

    この春、公園の新しい創造的な使い方を提案するための、有志による社会実験を開催します

    続きを読
  2. モバイルインフォメーション撤収

    • アート
    BLOG
    可動建築
    モバイルインフォメーション撤収

    長いようであっという間に終わってしまった「おおいた大茶会」に「アニッシュ・カプーア IN BEPPU」、「ベップ・アート・マンス2018」。県内各所で様々なアートに触れた方も多かったのではと思います。

    続きを読
  3. 「KU-SHI」による可動茶室

    • リノベーション
    • イベント
    • いな活
    • アート
    BLOG 可動建築
    「KU-SHI」による可動茶室

    竹田長湯温泉・芹川の中にある露天風呂「ガニ湯」の周りを可動茶室により囲い「温泉茶室」に見立て、晩秋の長湯温泉を訪れる方々をもてなすガニ湯茶会が開催されました

    続きを読
  4. 大分銀行赤レンガ館

    • リノベーション
    九州建築選2018奨励作品
    -RENOVATION- CREATIVE HUB
    大分銀行赤レンガ館

    大分銀行赤レンガ館リノベーションの概要
    大分銀行赤レンガ館(旧第二十三銀行本店)は辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)によって設計されたもので、「辰野建築」の中でも東京駅と同時期の大正2年に竣工された建築物である。戦時中には空襲を受け木造の内部を焼失。戦後の昭和24年(当時)にRC造によって内部を大掛かりに改築され・大分合同銀行本店として再生した。その後昭和41年に本店としての機能を新館に譲り、府内会館として利用され、昭和55年頃に一部を増築。平成5年に赤レンガ館として大幅に改修され、その後平成14年からローンプラザとして利用されてきた。平成27年4月に「ソーリン支店」にローンプラザが移転したためしばらくはATMや貸金庫等のみ利用されていた。平成30年3月20日、地域商社「Oita Made Shop 本店」、「タウトナコーヒー」、貸金庫、ATMコーナーとして新たに改修されオープンした。

    続きを読
  5. STREET RENOVATOR
    (税理士法人シーウェイブ)

    • 新築
    GOOD DESIGN AWARD2015受賞
    OFFICE+HOUSE
    STREET RENOVATOR
    (税理士法人シーウェイブ)

    ストリートに襞(ひだ)や 奥行きや緑を与えながら、建つ事でストリートを豊かにできるような「ストリート建築」を構想した

    続きを読
  6. 別府温泉 テラス御堂原

    • 新築
    九州建築選 2016 佳作作品
    HOTEL
    別府温泉 テラス御堂原

    別府の景観を一望できる、ひとつの集落のような旅館

    続きを読

最新記事

  1. 「可動建築」によるパブリックスペース活用

    • イベント
    • まち活
    • アート
    地域デザイン
    「可動建築」によるパブリックスペース活用

    この春、公園の新しい創造的な使い方を提案するための、有志による社会実験を開催します

    続きを読
  2. ソトコト4月号掲載

    • メディア
    BLOG
    ソトコト4月号掲載

    こんにちは、DABURA.mスタッフのNです。
    昨年、”別府中央市場”の一角の空き地で行った「貸原四畳半(かしばるよじょうはん)」を、雑誌『ソトコト』4月号にてご紹介頂きました!「地域を動かすローカルプロジェクト」という特集で全国100選のひとつに選んで頂きました。

    続きを読
  3. CREATIVE PLATFORM報告会

    • インタビュー
    BLOG
    CREATIVE PLATFORM報告会

    こんにちは、DABURA.mスタッフのNです。
    先日2/21,22に、iichiko総合文化センターにて、『CREATIVE PLATFORM OITA報告会』が行われました。「CREATIVE PLATFORM OITA」とは、大分県が〝クリエイティブな手法で新たな産業創出を目指して〟構築を進めている取り組みで、その報告会でした。

    続きを読