生野歯科

DENTAL CLINIC RENOVATION

光と庭の緑をとりいれたあたたかい歯科へ

大分県別府市の駅近くにある歯科医院のリノベーション。下町風情溢れる別府のまちなかで3代続く歯科医院で、地元の老若男女に親しまれている。
先代の先生が建てたもので現在は上階にお住まいである。そのような条件を踏まえつつ、建物内の一部に仮診療所を設けてリノベーションを実施した。古い建物であるが、構造の状態は良好であった。




特徴的なのは中庭の緑で、よく育った樹木がある。3代目にあたるクライアントもその緑を活かしたリノベーションを望んだ。






現代の治療に求められる機能は充実させながらも、世代を超えて愛されてきた庭や医院の親しみやすさを引き継いでいけるようなリノベーションを目指した。











  1. 別府やまよし引き渡し

    • リノベーション
    RENOVATION
    別府やまよし引き渡し

    創業50年以上の歴史を持つ大分県産乾しいたけ専門店『やまよし』。乾しいたけ専門の入札場でもあり、しいたけの卸問屋でもあり、自社生産もおこなっている。

    続きを読
  2. 長湯で温泉茶室

    • リノベーション
    • イベント
    • いな活
    • アート
    「KU-SHI」による可動茶室
    長湯で温泉茶室

    竹田長湯温泉・芹川の中にある露天風呂「ガニ湯」の周りを可動茶室により囲い「温泉茶室」に見立て、晩秋の長湯温泉を訪れる方々をもてなすガニ湯茶会が開催されました

    続きを読
  3. 大分銀行赤レンガ館

    • リノベーション
    九州建築選2018
    大分銀行赤レンガ館

    大分銀行赤レンガ館リノベーションの概要
    大分銀行赤レンガ館(旧第二十三銀行本店)は辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)によって設計されたもので、「辰野建築」の中でも東京駅と同時期の大正2年に竣工された建築物である。戦時中には空襲を受け木造の内部を焼失。戦後の昭和24年(当時)にRC造によって内部を大掛かりに改築され・大分合同銀行本店として再生した。その後昭和41年に本店としての機能を新館に譲り、府内会館として利用され、昭和55年頃に一部を増築。平成5年に赤レンガ館として大幅に改修され、その後平成14年からローンプラザとして利用されてきた。平成27年4月に「ソーリン支店」にローンプラザが移転したためしばらくはATMや貸金庫等のみ利用されていた。平成30年3月20日、地域商社「Oita Made Shop 本店」、「タウトナコーヒー」、貸金庫、ATMコーナーとして新たに改修されオープンした。

    続きを読
  4. STREET RENOVATOR(税理士法人シーウェイブ)

    • 新築
    GOOD DESIGN AWARD2015受賞
    STREET RENOVATOR(税理士法人シーウェイブ)

    ストリートに襞(ひだ)や 奥行きや緑を与えながら、建つ事でストリートを豊かにできるような「ストリート建築」を構想できないだろうか。

    続きを読
  5. 別府温泉 テラス御堂原

    • 新築
    九州建築選 2016 佳作作品
    別府温泉 テラス御堂原

    別府湾の地形や湯けむりの街並を一望できる眺望の優れた土地での旅館建築。

    続きを読
  6. LOW MILEAGE HOUSE (COCORO ANIMAL CLINIC+I邸)

    • 新築
    第25回 豊の国木造建築賞受賞
    LOW MILEAGE HOUSE (COCORO ANIMAL CLINIC+I邸)

    LOW MILEAGE HOUSE (COCORO ANIMAL CLINIC+I邸)

    続きを読

最新記事

  1. 別府やまよし引き渡し

    • リノベーション
    RENOVATION
    別府やまよし引き渡し

    創業50年以上の歴史を持つ大分県産乾しいたけ専門店『やまよし』。乾しいたけ専門の入札場でもあり、しいたけの卸問屋でもあり、自社生産もおこなっている。

    続きを読
  2. 長湯で温泉茶室

    • リノベーション
    • イベント
    • いな活
    • アート
    「KU-SHI」による可動茶室
    長湯で温泉茶室

    竹田長湯温泉・芹川の中にある露天風呂「ガニ湯」の周りを可動茶室により囲い「温泉茶室」に見立て、晩秋の長湯温泉を訪れる方々をもてなすガニ湯茶会が開催されました

    続きを読
  3. 大分銀行赤レンガ館

    • リノベーション
    九州建築選2018
    大分銀行赤レンガ館

    大分銀行赤レンガ館リノベーションの概要
    大分銀行赤レンガ館(旧第二十三銀行本店)は辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)によって設計されたもので、「辰野建築」の中でも東京駅と同時期の大正2年に竣工された建築物である。戦時中には空襲を受け木造の内部を焼失。戦後の昭和24年(当時)にRC造によって内部を大掛かりに改築され・大分合同銀行本店として再生した。その後昭和41年に本店としての機能を新館に譲り、府内会館として利用され、昭和55年頃に一部を増築。平成5年に赤レンガ館として大幅に改修され、その後平成14年からローンプラザとして利用されてきた。平成27年4月に「ソーリン支店」にローンプラザが移転したためしばらくはATMや貸金庫等のみ利用されていた。平成30年3月20日、地域商社「Oita Made Shop 本店」、「タウトナコーヒー」、貸金庫、ATMコーナーとして新たに改修されオープンした。

    続きを読