貸原四畳半が異国のマーケットに!

エリアリノベーション

こんにちは。連日暑い日が続いておりますが、皆さまお変わりないでしょうか?
貸原四畳半では先日、APUの学生さんたちによるフリーマーケット「Market By The Stairs」が開催されました!
インドネシア語が飛び交う中で、DJが音楽を流し、カラフルな服が売られている現地の様子は、なんだか異国のようで素敵な雰囲気でした。

お隣の「COFEE STAND STAIRS」のお客さんである彼らが、貸原四畳半に設置してある看板見て、企画書を送ってくれて実現したイベントでした。

また、今週末の7/7(土)7/8(日)は同じくAPUの学生さんが「100円フリマ」を開催予定です。
是非、お散歩がてら足を運んでみてください。


貸原四畳半は8月末までこの場所で試験運営する予定です。
ご利用をお考えの方は、お気軽にご相談ください。
  1. 別府やまよし引き渡し

    • リノベーション
    RENOVATION
    別府やまよし引き渡し

    創業50年以上の歴史を持つ大分県産乾しいたけ専門店『やまよし』。乾しいたけ専門の入札場でもあり、しいたけの卸問屋でもあり、自社生産もおこなっている。

    続きを読
  2. 長湯で温泉茶室

    • リノベーション
    • イベント
    • いな活
    • アート
    「KU-SHI」による可動茶室
    長湯で温泉茶室

    竹田長湯温泉・芹川の中にある露天風呂「ガニ湯」の周りを可動茶室により囲い「温泉茶室」に見立て、晩秋の長湯温泉を訪れる方々をもてなすガニ湯茶会が開催されました

    続きを読
  3. 大分銀行赤レンガ館

    • リノベーション
    九州建築選2018
    大分銀行赤レンガ館

    大分銀行赤レンガ館リノベーションの概要
    大分銀行赤レンガ館(旧第二十三銀行本店)は辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)によって設計されたもので、「辰野建築」の中でも東京駅と同時期の大正2年に竣工された建築物である。戦時中には空襲を受け木造の内部を焼失。戦後の昭和24年(当時)にRC造によって内部を大掛かりに改築され・大分合同銀行本店として再生した。その後昭和41年に本店としての機能を新館に譲り、府内会館として利用され、昭和55年頃に一部を増築。平成5年に赤レンガ館として大幅に改修され、その後平成14年からローンプラザとして利用されてきた。平成27年4月に「ソーリン支店」にローンプラザが移転したためしばらくはATMや貸金庫等のみ利用されていた。平成30年3月20日、地域商社「Oita Made Shop 本店」、「タウトナコーヒー」、貸金庫、ATMコーナーとして新たに改修されオープンした。

    続きを読
  4. 滝山団地Y邸

    • リノベーション
    GOOD DESIGN AWARD 2015受賞 -RENOVATION-
    滝山団地Y邸

    小さなユニットに仕込まれた、奥へと広がる空間

    続きを読
  5. アニッシュカプーアinBEPPUチケット売り場

    • イベント
    • 現場ログ
    • まち活
    • アート
    可動建築
    アニッシュカプーアinBEPPUチケット売り場

    続きを読
  6. bamboo bamboo

    • リノベーション
    GOOD DESIGN AWARD 2015受賞 -RENOVATION-
    bamboo bamboo

    “ゼロ”状態の直方体からパーツが細切れに分かれ、自在に店舗空間を構成できるアイディア。
    日常モードや企画展モードなど、店舗の運営状態に応じてモード変換することができる。

    続きを読

最新記事

  1. 別府やまよし引き渡し

    • リノベーション
    RENOVATION
    別府やまよし引き渡し

    創業50年以上の歴史を持つ大分県産乾しいたけ専門店『やまよし』。乾しいたけ専門の入札場でもあり、しいたけの卸問屋でもあり、自社生産もおこなっている。

    続きを読
  2. 長湯で温泉茶室

    • リノベーション
    • イベント
    • いな活
    • アート
    「KU-SHI」による可動茶室
    長湯で温泉茶室

    竹田長湯温泉・芹川の中にある露天風呂「ガニ湯」の周りを可動茶室により囲い「温泉茶室」に見立て、晩秋の長湯温泉を訪れる方々をもてなすガニ湯茶会が開催されました

    続きを読
  3. 大分銀行赤レンガ館

    • リノベーション
    九州建築選2018
    大分銀行赤レンガ館

    大分銀行赤レンガ館リノベーションの概要
    大分銀行赤レンガ館(旧第二十三銀行本店)は辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)によって設計されたもので、「辰野建築」の中でも東京駅と同時期の大正2年に竣工された建築物である。戦時中には空襲を受け木造の内部を焼失。戦後の昭和24年(当時)にRC造によって内部を大掛かりに改築され・大分合同銀行本店として再生した。その後昭和41年に本店としての機能を新館に譲り、府内会館として利用され、昭和55年頃に一部を増築。平成5年に赤レンガ館として大幅に改修され、その後平成14年からローンプラザとして利用されてきた。平成27年4月に「ソーリン支店」にローンプラザが移転したためしばらくはATMや貸金庫等のみ利用されていた。平成30年3月20日、地域商社「Oita Made Shop 本店」、「タウトナコーヒー」、貸金庫、ATMコーナーとして新たに改修されオープンした。

    続きを読