「貸原四畳半」

エリアリノベーション

別府の空き地に「貸はらっぱ」を作り、誰でも利用できる貸し出し形式の「ヤタイ」を設置した。ただ通り過ぎるだけの場所から、自由度が高く、いつも何かが行われている「たのしい空間」へと変え、エリアに賑わいを生み出し、まちに活気が波及していくようなエリアリノベーションへとつなげていくことを目的としている。

貸原四畳半について

貸原四畳半を開設する場所「別府中央市場」とは
別府中央市場は昭和22年9月1日に満州からの引揚者たちによって開設されました。当初は114コマの店舗があり、1コマ四畳半ほどの2階建長屋が連なり、1階が店舗で2階が住居として使用されていました。昭和35年には大きな火事も発生しましたが、そこからも復活し、様々な時代を経て現在に至っています。店舗としては現在は多くが休眠空間となりましたが、創設当時からあるおでん屋「ふくや」はいまだ営業中です。また、この別府中央市場の路地空間の魅力に引き寄せられ、最近は新しいお店もできてきました。この別府中央市場を舞台にして、弊社は「貸原四畳半」を4ヶ月間試験運営しました。

小さな空き地からはじまる土地活用の構想
1.別府の空き地を整備しウッドデッキを敷く
 →
2.「貸しはらっぱ」として空き地を貸し出す

3.さらにヤタイを設置し、貸スペースと貸ヤタイを運営する

4.プライベートな野外パーティーや、期間限定のポップアップショップなど、小商いの場所として空き地を再利用


5.周辺のエリアや街に少しずつ賑わいが生まれる

6.そのエリアから起業家が生まれるなどして、ヤタイから建築物へと変わる

7.新しい賑わいと人と人の交流が生まれる

実行編
1.空き地を整備する


2.ヤタイを製作する
ヤタイの外壁には日田の「高瀬文夫商店」の不良品となった「かまぼこ板」を譲り受け、重ねるように貼り付けた。ランダムに組み合わされたかまぼこ板がこけら葺きのようになり、ヤタイを使用していないときでも存在感が出るよう工夫した。また3方向が開閉し、天板はカウンターとしても使用できる。
▽ヤタイ製作風景
 
▽ヤタイ設置後




▽ヤタイ使用風景
4ヶ月の試用運営の間、由布市のリモージュファームさんが入居しファーマーズカフェを運営。期間中はご近所の方が野菜を買いに来るなど、地域に馴染んでいた。


  1. 鉄骨造住宅リノベーション

    • リノベーション
    • 現場ログ
    RENOVATION
    鉄骨造住宅リノベーション

    続きを読
  2. カドウ建築の宴の打ち上げ

    • イベント
    • まち活
    地域デザイン
    カドウ建築の宴の打ち上げ

    続きを読
  3. ガレリア御堂原

    • 新築
    宿泊施設(進行中)
    ガレリア御堂原

    続きを読
  4. カドウ建築の宴in別府公園 4/7(日)の部

    • イベント
    • まち活
    • アート
    地域デザイン
    カドウ建築の宴in別府公園 4/7(日)の部

    続きを読
  5. 「可動建築」によるパブリックスペース活用

    • まち活
    • メディア
    • アート
    • オススメ
    「可動建築」によるパブリックスペース活用

    4月5日の合同新聞にて「カドウ建築の宴in別府公園」の記事が掲載されました!

    続きを読
  6. 「可動建築」によるパブリックスペース活用

    • イベント
    • まち活
    • アート
    地域デザイン
    「可動建築」によるパブリックスペース活用

    この春、公園の新しい創造的な使い方を提案するための、有志による社会実験を開催します

    続きを読

最新記事

  1. 可動式高座

      可動建築
      可動式高座

      神戸で開催されているアートプロジェクト「TRANS-」にて活躍中のネオ落語家、月亭太遊さんの可動式高座を製作いたしました。

      続きを読
    • ヤタイのメンテナンス

      • 現場ログ
      可動建築
      ヤタイのメンテナンス

      続きを読
    • 2019年社員旅行

      • イベント
      • 旅ログ
      阿蘇くじゅうを巡る旅
      2019年社員旅行

      こんにちは。DABURA.m広報スタッフのいとうです。先日、阿蘇くじゅうに社員研修旅行に行ってきました。

      続きを読